バルデナフィルの特徴

Orange pills

レビトラは、バルデナフィルという薬効成分を医薬品として完成させたED治療薬です。
バルデナフィルを発見し、製薬に成功したのはドイツのバイエル社です。ED治療薬のほかにもさまざまな分野の薬を生み出している有名な製薬メーカーです。
ED治療薬の研究は世界中の製薬メーカーが行っており、アメリカではファイザー社がシルデナフィルという薬効成分をもとにしたバイアグラを、イーライリリー社がタダラフィルを薬効成分とするシアリスをそれぞれに発表しています。現在のところ、この三つの薬がED治療薬の業界のトップ3です。

シルデナフィルとタダラフィル、そしてバルデナフィルというそれぞれの薬効成分は、名前が違い特徴が違いますが、ED治療の働き自体は同じです。
EDの直接原因であるホスホジエステラーゼ5という名の酵素の働きを阻害し、自由に勃起できるように促します。
そのうえで、それぞれの成分がそれぞれに特徴を持ち、それが薬の効果に反映されているのです。
たとえばタダラフィルは水に溶けにくく、ゆっくりと溶け出して少しずつ効果を発揮するという特徴を持っています。そのため、薬効成分が少しずつ長く効き、効果の持続時間が長くなるのです。
一方、バルデナフィルは逆に水にすぐ溶けるという特徴を持っています。そのため、バルデナフィルはすぐに下半身に働きかけてホスホジエステラーゼ5の働きを阻害することができます。こうして、レビトラの最大のセールスポイントである「即効性」が生み出されるのです。
しかもバルデナフィルは、水に溶けるのが早い割に人体にとどまる時間も長く、シアリスの36時間には及ばないとしても、10時間ほど効果を持続させることが可能です。早く効き、長く効く。そんな薬なのです。